他社の優れたところに学び、それを基準にして自らの業務や経営を改善する手法。本来は、土地測量の際に地表の高低を表す水準点を指す言葉であるが、今日では建築、機器やコンピュータ、経営や企業、投資といった分野で、比較や評価を行うために必要な水準や基準を表す名称として浸透している。