経営管理方式のうち、意思決定の権限を相対的に下層に分散すること。集権管理の対立概念である。チェーンストアは集権管理と思われがちであるが、多かれ少なかれ分権管理が行われる。代表的なものとしては、本部と店舗、すなわち仕入れについては本部(商品部)が集権管理を行い、販売は各店舗に分権管理させる例がそれに該当する。また店舗内においても店長が全体的な戦略について集権管理を行い、各チーフにその戦略の範囲内での個別的な戦略について分権管理を行わせることもその例に該当する。

この記事をいいね!する