フロンの回収・破壊に加え、フロン製造から廃棄までのライフサイクル全体にわたる包括的なフロンガス対策として2015年4月に施行された法律。フロンガスについてはオゾン層破壊への影響や地球温暖化への影響が指摘されていたことから2001年にフロン回収・破壊法が施行されたが、さらにフロンガス排出量の抑制を目的に同法を改正してフロン排出抑制法が新法として制定された。この法律により小売事業者は管理者として機器の定期点検や記録の保存などが義務付けらている。