アレックス・F・オズボーンによって考案された会議方式の1つで、1つの問題について集団でアイデアを出し合うことによって多彩なアイデアを得るための技法のこと。一切の制約を設けず、自由な発言を歓迎する。実施に当たっては、①判断・結論を出さない(結論厳禁)、②粗野な考えを歓迎する(自由奔放)、③発言の量を重視する(質より量)、④アイデアを結合し発展させる(結合改善)の4つのルールに基づいて行う。得られた多彩なアイデアを整理する方法については、KJ法などが用いられる。