顧客に製品購入を促すアプローチを区別したもので、プッシュ戦略ではメーカーから顧客へ、プル戦略では顧客からメーカーへと需給の流れが発生する。製品を流通経路へのリベートなどを通して「押し込む」のがプッシュ戦略であり、広告などを通して消費者の愛顧を獲得し、それによって商品の流れを消費者の側から引っ張るように流そうとするのがプル戦略である。この両者は代替的であるようにも見えるが、相互に補完し合うことが多い。