小売業における管理手法の1つ。商品部門を管理単位とし、売上げ・経費・利益などの企業活動全般を計画、実施、統制することで部門ごとの収益性や生産性向上を図るもの。古くは百貨店が導入したが、1930年代にアメリカのマイケル・カレンがスーパーマーケットに適用することによって一般化した。部門を戦略単位として業績のコントロールを行い、情報システムが管理単位の部門と一致する必要がある。