取扱商品を生鮮(農産・水産・畜産・惣菜など)や非生鮮食品や非食品などのカテゴリー分けをすること。これにより売上高に対する各部門の構成比を見ることができ、ある期間で各部門がどれだけ販売に寄与したかが分かる。店の販売構成比を知ることは相乗積による利益管理や部門間の長期的な販売の変化を把握するためにも有効である。