規制緩和による競争の促進と安全規制の強化による輸送の安全の確保を目的として、1989年12月に制定され、翌年12月に施行された貨物自動車運送事業法と貨物運送取扱事業法の2つの法律を、一般に「物流二法」という。これに鉄道事業法を合わせた3つの法律を「物流関連三法」といい、貨物運送の柔軟な事業展開を促進することなどを目的として、2002年に一般貨物自動車運送事業の営業区域規制や運賃の事前届出制を廃止する改正がなされた。