公正競争の維持と不当競争行為の規制のために1934年に制定された法律で、1993年に全面的に改正された。企業秘密の保護、デッドコピーの禁止、信用の保護(デザイン、ロゴ、名称などの使用禁止)、技術管理体制の保護などが規定される。近年ではグローバル化と知的財産問題が重要となっている。違反行為に対しては差止請求、損害賠償請求及び刑事制裁の定めがある。