処方箋による処方薬を出す薬剤師のいる薬局のことで、単独店のほか、日用品や一般薬(OTC)を売るドラッグストア内やスーパーマーケット内にある場合が見られる。処方待ちの時間に買物ができるというメリットが大きい。日本では、調剤薬局を取り込んだドラッグストアの比率は数割程度あるが、全体としては大病院前の個人経営が多く、大手チェーンのシェアは低い。米国では医薬分業が確立しているため、確固たる存在感を持っていた。