社会的弱者である高齢者や低所得者などが多く住む地域で、商店街の消失などにより買物環境が悪化したり、地域コミュニティの希薄化による生活支援が減少したため、健康的な食生活の維持が困難となった地域。特に半径500m以内に食料品を取り扱う店がない地域を指すことがある。そうなれば、値段が高くなり、野菜や果物、鮮魚などの生鮮品の品揃えが極端に悪い店での買物を強いられるが、それに対して、ネットスーパーや宅配など流通業界からの対応も始まっている。