取扱商品の品質を常に適切な状態に管理すること。特に新規導入時には「商品カルテ」の提出を求めるなどして原料や法令への抵触の有無を事前にチェックすることが重要となる。商品の品質は店頭においても変化するため、クレンリネスを徹底し、鮮度チェック(日付チェック)を実施することが重要である。企業によっては自社で検査室(検査チーム)を設置し、バイヤーとともに工場や産地確認を行っているところもある。