仕事の仕方、手続き、処理、結果の基準を明確にして例外行動をなくすこと。この結果、誰が行っても同じ結果を引き出せるため、仕事のムダ、ムリ、ムラをなくし効率化が推進される。