自社の商品やサービスと似た他社の商品やサービスを資料を挙げて比較し、自社の優位を誇示する広告のこと。自社の旧製品と比べて優位を訴える広告も含む。1986年の公正取引委員会のガイドラインで比較広告が違法でないことが確認され、それ以降行われるようになった。ただし、事実に基づいた表現が必要で、都合のいい点だけを比較して商品・サービスを実際よりも優良に見せ掛け、顧客を惑わす優良誤認表示は禁止されている。

この記事をいいね!する