BはBusiness、CはConsumerの意。BtoBとは、企業と企業との商取引のことで、最近では電子商取引の用語として使用されることが多く、電子商取引のBtoBは、品物、部品や原料、人材派遣、その他サービスまでさまざまある。BtoCとは、企業と個人(生活者)間の商取引、または企業が個人向けに行う事業のことである。BtoBは企業が対象であるため、購入するにあたって複数の人の意思決定や承認が必要となり、必要性や選定理由を論理的に説明することが重要であるのに対して、BtoCは対象が個人であるため、論理的な理由より消費者の納得感が重要となる。

この記事をいいね!する