1950年代にアメリカのエドワーズ・デミングらによって提唱された、業務を円滑に進めるためのマネジメント手法のこと。P(Plan)・D(Do)・C(Check)・A(Action)という事業活動の「計画(業務計画の作成)」「実施(計画に則った実行)」「監視(目標と結果を比べる点検)」「改善(改善点を是正し次のアクションにつなげる)」サイクルを示したもの。4つの段階を繰り返すことで段階的に業務効率を向上することができるとされるが、これを適切に行うためにはPlanの精密さが求められる。