レジ通過客1,000人当たりの売上高や売上点数の指標のことで、金額PI値、点数PI値に分かれる。PIはPurchase Indexの略。規模や来店客数が異なる店舗やカテゴリーを同条件で比較する上で有効である。その他、期間内に売れる数量を予測することができるので店頭での欠品防止やフェース決定の参考にもなる。