束売りのこと。同一商品を2個以上まとめて販売することによって割安感を生み出す。ただし、あまり多くを束ねると、消費者の必要量を超えることがある。