消費者の買物行動における店舗選択の確率は店舗の魅力度に比例し、居住地から店舗までの距離に反比例するという仮説に基づいた商圏測定の考え方のこと。アメリカのデビット・ハフが提案した。魅力度を決定する要素は店舗面積が代表的である。ただし、魅力度や距離抵抗がどの程度影響するかは地域や商品によって異なるため、正確な関連性については買物調査を行ってパラメータを推計する必要がある。