メーカーや問屋が販売した商品価格をさかのぼって、利益の一部を値引きの形で払い戻すリベートのこと。日本独特の商慣習の1つ。本来は価格の事後調整であったが、これが慣習化すると小売業はそれを見越して値引き販売を行うようになる。