商品1個当たりの利益を少なくして数を多く販売することで全体の利益高を多くすること。売り手の「犠牲による薄利」が多くの買い手を集め「多売」を実現し、結果として「巨利」に結び付くことがかつての流れであったが、昨今では商品の大量生産システムが導入されることにより、「スケールメリットによるコストダウン」に入れ替わり、さらにサプライチェーン全体として薄利を追求する方向に変化している。