一般的には仕入担当者を指すことが多いが、チェーンストアでは従来の仕入れ(買い付け)担当者ではなく、商品の集荷から店舗への供給までに責任を持つ者を指すのが普通である。海外の買い付け商人に使われる場合も多い。マーチャンダイザーが製品開発も担当するのに対して、バイヤーは商品の提供方法の開発までを担当し、製品開発には関わらない。その意味で、マーチャンダイザーの仕事の一部分を担当する職位ともいえる。