企業が獲得した利益として、ある時期に株主に分配するもの。税引き後当期純利益に対する配当金の割合を「配当性向」という。配当性向が低いということは、株主に対する利益の配分が低く、半面、社内蓄積が大きいということでもある。