正式には「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」といい、1970年に従来の「清掃法」(1954年施行)を全面的に改めて制定され、環境省が所管する。廃棄物の定義や処理責任の所在、処理方法・処理施設・処理業の基準などを定めている。同法は廃棄物を産業廃棄物と一般廃棄物に分類し、産業廃棄物は排出事業者が処理責任を持ち、事業者自身または排出事業者の委託を受けた許可業者が処理するのに対して一般廃棄物は市町村が処理の責任を持って処理すると定めている。警察官OBのGメンも存在し、罰則規定が厳格な流通業にとっても最重要法律の1つである。

この記事をいいね!する