大手小売業など持っている巨大な販売力を背景にした強い仕入力・購買力のこと。商品を安定的にかつ廉価に市場に供給し流通の合理化と顧客利益に貢献する半面、納入業者に対する圧力として用いられる場合には、公平な商取引から逸脱することとなり、取引における優越的地位の濫用とみなされる場合がある。返品や派遣店員、協賛金の要望などについて指摘されたことがある。

この記事をいいね!する