従業員総数に占めるパートタイマー合計(準社員、嘱託社員、パートタイマー、アルバイトの合計)の割合をパートタイマー比率として計算している。多くの企業が人件費の抑制、合理的な削減を図るためにパートタイマー比率を上げることに取り組んでいる。チェーンストアでは1994年にパート比率が50%を超え、現在では75%前後に達している。

この記事をいいね!する