1950年代にアメリカで考案された手法のこと。Program Evaluation and Review Techniqueの略。ある仕事(プロジェクト)に求められる複数の作業の所要時間と順序を明確化することでリードタイムの算出、短縮を図るために用いる。後工程に進むために外せない重要な経路を「クリティカルパス」と呼び、クリティカルパス短縮が全体の短縮につながる。

この記事をいいね!する