材料段階から消費者の手元に渡るまでの商品化計画を一貫した1つの計画として考え、各段階でばらばらに企画や販売計画を立てるのではなく、ある主体が全責任を持って一貫して推進すること。