職務に対する能力に応じて賃金を決定し支給する制度のこと。従来の年功序列型賃金体系に対する批判として登場し、能力を評価して能力のある者を厚遇しようとするもの。能力の概念はかなり曖昧であり、能力評価が厳しく行われれば賃金は全体として上がらないことになる。能力を学歴、技能免許、勤続年数などを手掛かりに判定する傾向もあり、その場合は年功序列とほとんど変わりはなくなる。