障害者や高齢者など一般に社会的弱者とされる人々が誰でも社会の中に受け入れられ、他の人々と同じように生活し活動することが社会の本来あるべき姿であるという考え方のこと。また、その考え方に基づいて、彼らがスムーズに社会参加できるような環境づくりを目指す活動や運動のこと。今後のノーマライゼーションは彼らの不得意な部分ではなく得意な部分にスポットを当て、伸ばしていく活動が必要であるとされている。