日本型の年功序列賃金による職能給ではなく、能力に応じて労働者の年収を個別に決める制度のことで、年1回の契約更改で目標設定及びその達成度に応じた賃金を決める。日本でも大手企業を中心に管理職に対して導入する企業が増えてきている。