年齢や勤続年数との相関関係が強い賃金制度のこと。終身雇用制度、企業内組合とともに、日本的経営の特徴とされた。新卒採用で終身雇用を前提にすると年功は年齢と同じとなり、年齢に応じて賃金が上昇する。同期の平等感はあるものの能力や実績を反映しにくい賃金体系で、近年では業績をより評価できる賃金体系への移行が進んでいる。