労働者の作業効率を計数で表したもので、「荒利益/総人時」で計算される。労働者1人が1時間当たりで生み出した荒利益で、この数字が大きいほど少ない人数で大きな利益を稼ぐことができているので効率が良いことを意味する。そのためにはその日に必要な作業量を明確にし、荒利益を向上させるか総人時の削減が必要である。