企業の経営管理領域の1つで、個人が持つ暗黙知を形式知に変換して組織全体の知識として共有できるようにするための管理手法のこと。日本語では知識管理といわれている。個人の能力育成を行い、組織の知識として活かしたり、意思決定のスピード向上や業務改善を行うことでシステムを利用して業務プロセス全体を改善する。