コンビニ弁当やスーパーマーケット、デパートの惣菜など、外部の人手による調理済み食品を自宅など、店以外の場所で食べること。レストランや飲食店で料理を食べることを「外食」といい、手作りの家庭料理を自宅で食べることを「内食(うちしょく、ないしょく)」という。核家族化や女性の社会進出が進むにつれ、調理の手間がかからず、価格も外食より手頃なことから年々市場規模が大きくなっている。