在庫をあまり持たずに差し当たり必要な分だけ少しずつ買うこと。日本人は特に生鮮食料品を中心にほぼ毎日市場やスーパーマーケットに出掛けていたため来店頻度が高く、生鮮品以外でも当用買いが中心であったが、近年では冷蔵庫・冷凍庫が進化し買物の間隔はやや長くなっている。