「eコマース」や「イートレード」とも呼ばれ、インターネットを通して決済を行う取引形態のこと。当初は銀行間や企業間が中心であったが、現在ではネットショッピングに代表されるB to Cの割合が急速に増えてきている。ネット環境を利用することにより、いつでも、誰でも、どこでも購入が可能となる。また、営業人員及び実店舗が不要なことからコストが削減され、価格が店舗などでの購入よりも安価な場合が多い。