店が最大の効果を発揮できる規模のことで、売場については売上高と利益が最も高くなる売場面積の大きさのこと。業種・業態によってほぼ適正とされる店舗規模があり、それよりも大きくても小さくても最適とはいえない。この適正規模は時代によっても変化するが、適正規模に達していない店や売場は競争上不利になるため、適正規模を確保するためのリニューアルや業態変更などの施策がとられる。