賃金が勤続年数や年齢によって定期的に上昇すること。賃金制度には「毎年1回、定期に賃金を改定する」と定めている場合が多く、これに従って毎年賃金が改定され原則として昇給する。賃金表は通常、「○等級、○号俸」のマトリックスで示されるが、職位が変われば等級が上がり、同じ職位の場合には号俸が上がるのが一般的である。