1999年に国際労働機関において21世紀の目標として提案され、人間らしい生活を継続的に営める人間らしい労働条件のことで、働きがいがある仕事を意味する。各国が抱えている問題はさまざまであるので、実際の取り組み内容について一概に規定はできないが、日本においては最低賃金の低さや有給未取得、安定雇用が課題とされる。社会保障や労働環境など、その時々によって取り組む課題は変化する。