商品の販売から得られる利益や必要な費用を商品ごとに計算し、単品ごとに利益貢献度を計算した尺度のこと。Direct Product Profitの略で、直接商品利益ともいう。算出方法は、「荒利益(=単品の売価-売上原価)+リベートなどの収入-直接商品費用」であるが、直接商品費用の算出には大量のデータ処理が必要で、コンピュータを利用した情報システムの構築が必要となる。