ブランドや経営方針、サービスの内容、外観などに統一性を持たせて、1つの資本の下で多数(通常11店舗以上)の店舗の運営や管理を行う小売業や飲食業形態のこと。経営管理と商品仕入れの権限を本部に集中させることで、店舗は販売に専念することが可能となる。チェーン・オペレーション・システムを確立し、本部による多数店舗の一元的管理を図っていくことが重要とされる。