チェーン全体の商品仕入れ、プロモーション、要員、財務などを本部が一括して管理し、各店舗は販売・営業などに特化することにより、組織全体の経営効率を図っていく経営システムのこと。特に現在では顧客のニーズに的確かつ迅速に対応するために、顧客に最も近い現場の権限を拡大する傾向が強まっている。その結果、以前の中央集権型から、社内コミュニケーションの活発化や情報システムの活用によって、経営方針や目標の徹底、情報や知識の共有化を図る条件のもと分散方式が用いられてきている。