商品の売れ行きを「単品」ごとに見極めることで売れ筋商品が品切れを起こさないようにすると共に、死に筋商品を売場・在庫から排除する商品管理技法のこと。ただし、販売は商品特性だけではなく、陳列場所や陳列量、店舗特性、天候などにも左右されるので、販売額だけで単純に判断することは危険である。また、商品分類単位ごとの販売実績と陳列量を比例させるという意味での使い方をする場合もある。