メーカーや問屋が少ない量の商品を頻繁に小売店に配送すること。社会の変化などから、必要とされているときに必要な数だけを配送するという形に変わってきており、商品の鮮度管理や在庫管理の面でもメリットがある。半面、物流コストが余計に掛かるほか交通渋滞や環境問題を悪化させるとの指摘もあり、一括物流を導入する小売企業も増えている。商慣行の改善策を見直すべきとの声もある。