同じ効果や性能を保ちながら機器や部品などのサイズを小さくすること。軽量化、コスト削減などの効果が期待される。また、企業においては、組織や人員を削減して生産性の向上やコスト削減を行うことをいう。経済の縮小によって求められることが多いが、スケールメリットを求めて巨大化を目指した動きの反動として身の丈に合った規模への再調整の意味も含む場合もある。