外部の流通チャネルを介さずにメーカーがターゲットの消費者と直接のコミュニケーションを図り、実際に取引を行うこと。即効性があり消費者の反応を直接実感できるが、多数の消費者と直接個々に対応するのにはそれだけのコストが必要になる。