固定資産などを取得してから廃棄されるまでの利用に耐える年数。固定資産の取得原価は耐用年数の間に、定額または定率で減価償却され、回収される。耐用年数は固定資産の利用状況などに基づいて決まるが、実務上は税法上認められる耐用年数が資産の品目別に規定されている(法定耐用年数)ので、これに基づく場合が多い。