需給状況に応じて価格を変動させることによって需要の調整を図る手法のこと。需要が集中する季節・時間帯は価格を割高にして需要を制御し、需要が減少する季節・時間帯は割安にして喚起することを狙う。タイムサービスもその一環として利用される。時間帯によって販売価格は異なるが、一次的な性格のため差別価格とはみなされない。