人の集まりを組織として機能するようにつくり込んでいくための働き掛けのこと。人の集団を有効な組織に発展させるためには理念や目的を共有し働きがいのある場をつくることが必要であり、それによって組織はまとまりを得て「組織の力」を発揮できるようになる。